« とりあえず、きょうは。 | トップページ | どーやら。 »

How to いくら。

いゃ、How mach? じゃなくて。

「お幾ら?」じゃなくて、「イクラ」です。

今季、最後になるであろう。

「イクラの醤油漬け」を、お袋が作るとゆーので。

やり方を見せていただきました。

検索用にわかりやすくゆーと。

「イクラの漬け方」ですよ。

 

えーっと、写真を撮っとくべきでしたけど。

…忘れました。m(__)m

 

まー、やりかた忘れるといけないので。

メモ代わりに、ここに書いときましょー。

 

まず、樽とか桶とか。

大きめの入れ物に、50℃前後のぬるま湯を用意します。

熱めの、お風呂ぐらいの加減ですね。

そこに、塩を一握り溶いて。

塩加減は、海水くらい。

その中に、生筋子を入れて。

指でほぐすだけで、簡単にほぐれます。

「筋子ほぐし用金網」などは、我が家では使わないそーです。

卵がバラバラになったら。

…ここからが、「我が家流」のツボだそーです。

「徹底して、洗う!」。

米を洗うように。

…力入れて、研いじゃいけませんよ。

水を一回捨てたら、またたっぷりの水を入れて。

やさしく、かき回すよーに洗ってまた水を捨てる。

繰り返すこと、10回以上。

洗う水の、濁りがとれるまでやるんだそーです。

そーすることで、「生臭み」がとれるって。

ちなみに、水はフツーの水。

「ぬるま湯に塩」は、最初にほぐす時だけです。

 

調味料は、化学調味料と醤油だけ。

まー、お袋は使ってましたけど。

ウチには化学調味料ないんで。

ウチでやるときは、ホントに醤油だけになるでしょーね。

使う醤油は、塩分控えめの甘口醤油の方がオススメだそーで。

 

よく洗ったら、タプタプの醤油に漬けて。

漬けてる間に、イクラが膨らむので。

多めの醤油に漬けるんだとか。

味にムラができないよーに。

ときどき、かき混ぜながら…漬け込むこと、3時間。

ザルにあけて、醤油をよくきったらできあがり。

一度使った醤油は、もったいないけど全て廃棄。

繰り返し使うと、生臭みがでます。

 

とゆーわけで。

来年は、自分で漬けてみましょー。

いつも、ウチのお袋の「イクラ」を味わっていただいてる皆様。

来年は、試作品の実験台にされる可能性大です。

…覚悟召され。(^-^;

|

« とりあえず、きょうは。 | トップページ | どーやら。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>濁りがとれるまでやるんだそーです。そーすることで、「生臭み」がとれるって。

そうなのかー!それを10回以上も?
それで、魚臭いのが苦手な私にでさえ「おいしい!」と言わせるイクラが出来たのだね~。

来年、ねこさんの漬けたイクラ‥楽しみに待っています。

投稿: にゃんころりん | 2007年10月 3日 (水) 21時36分

いーましたね。いっちゃいましたね。
 
これで、出来がよかろーと悪かろーと。
強制的に食べていただくことになります。
…来年は。。。

投稿: ねこ | 2007年10月 4日 (木) 23時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: How to いくら。:

« とりあえず、きょうは。 | トップページ | どーやら。 »