« きょうこそ。 | トップページ | たまにはいいでしょ。 »

夢一夜。

昨夜は。

なぜか、若い娘にモテモテの夢を見まして。

きょう一日、ヒジョーに気分がよかったねこですこんばんわ。

…欲求不満でも溜まってるんですかねー。

 

きょうはですね。

新聞の方の仕事が2本も。

朝からねー。

その合間に。

葬式ビデオのパッケージ、作りまして。

ようやく、頼んだ友人に手渡し。

あとは。

ハープコンサートのBGVに使う、ボランティアビデオに手直し入れて。

それで、溜まった用事も一段落。ふう (;^_^A アセアセ・・・

 

気持ちに余裕のできたところで。

今週見そびれた、「Dr.コトー診療所」のビデオ観まして。

いいですねー。

大好きなんですよ。こーゆー医療系「おとぎ話」。

こんかいもねー。

手術中に、麻酔に拒否反応が出て筋肉が硬直…なんて。

そんな、大都市の大病院でもまともに対処できるのかってゆーね。

そんなトラブルを、島の診療所で…そもそもそこで手術するのかって感じのね。

それをね。

トラブル乗り越えて、手術を成功させるんですもんねー。

 

医療過疎。

北海道では、そんな言葉が日常茶飯事聞かれるんですよ。

まぁ、北海道に限ったことではないですが。

「Dr.コトー診療所」の、ファーストシーズンの。

第一話でいってたこと。

「本土では直って当たり前の病気で、命を落とすことだってあるんですから。」

…そーなんですよねぇ。

 

…あれ!?

こんな話、前にもしたことありましたっけ?

|

« きょうこそ。 | トップページ | たまにはいいでしょ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢一夜。:

» Dr.コトー診療所 『Dr.コトー診療所』とは [Dr.コトー診療所:『Dr.コトー診療所』と出会って…。]
TBいただきます。『Dr.コトー診療所』に関する情報をまとめています。ぜひご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 08時03分

» Dr.コトー診療所2006〜第6話・剛宝丸再び... [一言居士!スペードのAの放埓手記]
Dr.コトー診療所2006、第6話ですが、前回剛洋君が「学校辞めて、島に戻りたい」と言って終わっています。時任三郎は本土で何とか仕事は見つけたようですが、苦境に変わりはありません。そんな原親子を島のみんなが心配し、小林薫は国の方から奨学金が出せないかと動き出すわけです。(Dr.コトー診療所2006、第6話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 23時34分

« きょうこそ。 | トップページ | たまにはいいでしょ。 »