« 悩めるおやぢ。 | トップページ | 泥沼。。。 »

感動。(T^T)ウルウル

鳥人間コンテスト」観てました。

これ、結構好きでして。

毎年、楽しみにしてるんですョ。

 

ホントにねぇー。

凄いモンですよ。

手作りの人力飛行機で。

25kmも飛んじゃうんですよ。

 

単に「ヒコーキが好き」ってこともありますが。

なんかねー。

高校野球でも観てるみたいな。

イヤ、高校サッカーでも。

なんでもいーんですけどね。

…感動があるですよ。

 

だいたいね。

ヒコーキ飛ばすって、大変なんです。

まず、航空力学を勉強してよく飛ぶであろう機体を設計して。

強力なエンジン載せてるワケじゃないんで。

人力で回すくらいのプロペラの推力でよく飛ぶように造るには、軽く造らなきゃならない反面…丈夫に造らなきゃ、飛行中にバキッ!と折れて墜落しちゃうんですね。

実際、放送観てるとそんな機体も多いです。

軽さと強度のギリギリの線で設計された機体ですから。

主翼もですね。

抵抗の少ない、効率の良い翼って。

ほそながぁ~~~い翼なんですね。

余計に強度の確保が難しくなり。。。

オマケに、安定してまっすぐ飛ばすには。

主翼の先端を上に反り上げなきゃなんないです。

それも、折れない範囲で。。。。

予想しない僅かな風とか受けると…トタンに壊れちゃうんですね。

 

あと…

で。まず設計が出来たとして。

造るのもまた、たいへん。

僅かな狂いも赦されないワケで。

ちょっとでもひん曲げて造っちゃうと、まっすぐ飛べないし。

 

機体が出来て。

パイロットの体力もつけて。

いざ、フライトとなるワケですが。

高さ10mのプラットホームとはいえ、助走距離は僅か数m。

ヒコーキって、スピードがあってはじめて揚力がつくワケで。

大抵は、プラットホームから高度を下げることによってスピードをつけて。

それから、水平飛行に遷るんですね。

そのタイミングを間違うと。

引き起こしが遅れて、水面にドボン。

 

その全ての条件が整って、はじめて記録が出るんですから。

そりゃもう。

奇跡に近いんです。

 

出来ることを精一杯やって。

運を天に任せて。

仲間たちの声援を受けて。

精一杯、ペダルを漕いで。

1mでも長く飛ぼうとして。

ヘトヘトになったパイロットと。

涙で労う仲間たちと。

…青春ですねー。(T^T)ウルウル

 

σ(^_^;ワタシ?なんざ。

ペーパークラフト紙飛行機ですら、マンゾクに飛ばせるかどうか。

調整に四苦八苦してるのに。

 

そりゃそうと。

「鳥人間コンテスト」のHPに。

ペーパークラフトの型紙が。

…造って飛ばしてみよー。(^-^)

|

« 悩めるおやぢ。 | トップページ | 泥沼。。。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動。(T^T)ウルウル:

« 悩めるおやぢ。 | トップページ | 泥沼。。。 »